鳴き声の聞ける上田ネイチャーサウンド

鳴き声の聞けるネイチャーサウンド 音の風物詩
鳴き声の聞ける ブログ
野鳥 カエル セミ コオロギ キリギリス 哺乳動物の鳴き声
CD 図鑑 フィールドガイド アプリ U-SPEAK
レコーダー 録音機 パラボラマイク ガンマイク
鳴き声の聞けるネイチャーサウンドへの問合せ

マークのついた画像をクリックすると音声がスタート。カーソルを画像から一度はずし、再び画像に重ねるとストップします。
HaraOkameKorogi ハラオカメコオロギ Loxoblemmus campestris

気温が30℃前後と高いときの鳴き声のテンポ。

 鳴き声1


気温が20℃前後に下がるとテンポが遅くなり、濁りのある声になる。

 鳴き声2


スパッと斜めに切り落としたような独特の顔のオス。


メスは丸顔。


産卵器を地面に差し込んで産卵するメス。


鳴き声2は図のように4声。

鳴き声の中心周波数はオレンジの声紋
(ソナグラム、右目盛り)で示すように約4.5kHz。

ブルーは波形
(オシログラム)。


1声目の拡大図

リの音を「
リリリリリリリ」と8個発している。この単音のリをチャープと呼び、8チャープで1声を構成。

さらに1チャープは4パルスから成り立ち、ブルーの波形
(オシログラム)のとおり、鳴き出し1チャープの1パルス目が極端に小さく、個体によっては欠如する特徴がある。



鳴き声の聞ける上田ネイチャーサウンドUNS 商用・WEBサイト・展示研究・報道などに、音声や写真の使用を希望される場合はサウンドライブラリー使用規定、料金表をご覧ください。
  

  

音声や画像は著作権法で保護されたUNSの著作物です Copyright UEDA NATURE SOUND All Rights Reserved