鳴き声の聞ける上田ネイチャーサウンド
更新 7/16/19
鳴き声の聞けるネイチャーサウンド 音の風物詩 鳴き声の聞ける ブログ 野鳥 カエル セミ コオロギ キリギリス 哺乳動物の鳴き声 CD 図鑑 フィールドガイド アプリ U-SPEAK レコーダー 録音機 パラボラマイク ガンマイク 鳴き声の聞けるネイチャーサウンドへの問合せ


YouTube で鳴き声をどうぞ。


音声には「音の透かし」などを挿入しておりますのでご了承ください


 
UNSサイト内検索
 TOP/音の風物詩 > 音ごよみ



2019,07.16

鳴き声が油で揚げ物をしているときの音に
似ていることからアブラゼミとか。

確かに、この声を聞くだけで火のそばにいるように思え、
暑さが増した気にさせられます。

夜、ライトに浮かびあがる羽化のシーンは、
神秘的です。

アブラゼミのページ








動画に収録されている鳴き声(1分6秒)のサウンド スペクトロ グラム




2019,07.15

キッ」という鋭い音が山の岩崖から聞こえてきます。

北海道中央部の大雪山系や日高山脈にすむ
エゾナキウサギの声です。
岩のすき間を巣としています。

体長は小柄で16センチ前後。
じっとしていると見過ごしてしまいますが、
岩に反響する声は遠くからでもよく聞こえます。

エゾナキウサギのページ







2019,07.14

カナカナの愛称で呼ばれるヒグラシの声が、
雑木林から聞こえてくるころです。

よく耳にするのは夕暮れですが、
夜明け前の薄暗い時間も同様に鳴いています。

合唱性があり、1匹が鳴くと周囲のヒグラシも誘われて鳴きます。

ヒグラシのページ







セミハンドブック



2019,07.13

夏の訪れを告げるニイニイゼミ。

この声を聞くといよいよ暑さが増してきます。

木の肌そっくりに姿をカムフラージュし、
外敵をやりすごす作戦のようです。

じっとしているので昆虫採集の的になりやすいですが、
一番の敵はヒヨドリではないでしょうか。

セミがではじめるとヒヨドリの巣作りが本格的になり、
産まれたヒナの餌となってしまいます。

ニイニイゼミのページ






2019,07.11

海岸の岩礁に群れ、集団で繁殖するウミネコは
その鳴き声が猫に似ていることに由来しています。

山陰・北陸・東北地方と北海道で夏に繁殖し、
島根の経島、山形の飛島、宮城の陸前江ノ島、
岩手の椿島、青森の蕪島がウミネコの
繁殖地として国の天然記念物になっています。

ウミネコのページ






2019,07.09

上空からお目当ての小魚を見つけると、
急降下してとらえるコアジサシ。

小魚をくちばしで突き刺すように見えますが、
実際はくちばしではさんで捕らえます。
また、鰺あじばかりを選んでいる訳でもありません。

コアジサシのページ





       

新・水辺の鳥   鳴き声タッチペン



2019,07.08

さえずりが駒(馬)のいななく声に
似ていることが
名前の由来となったコマドリです。

夏鳥として日本へ渡ってきますが、
伊豆諸島や屋久島には1年中くらす
亜種タネコマドいます。
コマドリのページでご覧ください。






2019,07.07

テッペンカケタカと聞きなされるホトトギスのさえずりは
漢字で表すと「天辺駆けたか」です。

昼夜を問わず、上空を駆け巡るように飛び
盛んに鳴く習性がうまく表現されています。

ホトトギスのページ
もご覧ください。




日本野鳥の会 発行 ¥ 1900 (税別)



2019,07.06

水辺近くの林から「キョロロロ・・・」と
聞こえてくるのは
アカショウビンのさえずりです。

毎朝鳴きますが、
いかにも雨が降りそうな日中にも鳴くことから
雨乞あまご鳥として知られています。

また、炎のように赤いことから火の鳥とも。

アカショウビンのページ






2019,07.05

夜、田んぼの畔から「ヂッヂッヂッ・・・」と
小刻みのテンポの声が聞こえてきます。

タンボコオロギです。

コオロギといえば秋のイメージですが、
タンボコオロギは田植えの時期から鳴きはじめ、
気温が高くなるとともに数を増していきます。

タンボコオロギのページ






2019,07.03

「ポンポンポン・・・」とユーモラスに鳴くのは
ヤエヤマハラブチガエルです。
八重山諸島と呼ばれる石垣島と西表島にすんでいます。

冬を除けば数の違いこそありますが声を耳にします。

ヤエヤマハラブチガエルのページ






2019,07.02

関東地方の水田で「グエエエエエエエエ」
迫力ある声で鳴くのはカントウダルマガエル。
少し震えるような声です。

夜ばかりでなく、日中にも鳴きます。

姿や鳴き声が似ているトノサマガエルは
関東地方と仙台平野を除く本州、
四国、九州に分布しています。

トウキョウダルマガエルのページ


 
カエル ハンドブック
声が聞こえるペンで鳴き声が






2019,07.01

雨蛙としてなじみ深いニホンアマガエル。
昼と夜で鳴き方が違います。

雨が降りそうなとき、
軽快に「ケッケッケッ・・・」と
日中に鳴く雨鳴きと、

夜の「ゲッ ゲッ ゲッ…」という力強い鳴き方。
こちらはメスを呼ぶオスの声で、
ときに歌合戦となり大合唱に聞こえます。

周囲の色に体の色をなじませ、カムフラージュしますが、
ごくまれに、色素が欠けた青っぽい体色の個体がいます。


ニホンアマガエルのページ







このページの先頭へ
バックナンバー
2009年 8-12月
2010年 1-3月 4-5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1〜12月
2019年 1月〜3月 4月〜6月

鳴き声の聞ける上田ネイチャーサウンドUNS 商用・WEBサイト・展示研究・報道などに、音声や写真の使用を希望される場合はサウンドライブラリー使用規定、料金表をご覧ください。
音声や画像は著作権法で保護されたUNSの著作物です Copyright UEDA NATURE SOUND All Rights Reserved