鳴き声の聞ける上田ネイチャーサウンド
鳴き声の聞けるネイチャーサウンド 音の風物詩
野鳥 カエル セミ コオロギ キリギリス 哺乳動物の鳴き声
CD 図鑑 フィールドガイド アプリ U-SPEAK
レコーダー 録音機 パラボラマイク ガンマイク
サウンドライブラリー使用規定、料金表
鳴き声の聞けるネイチャーサウンドへの問合せ

鳴き声の聞ける ブログ

音声には音の透かしが入れてあるほか、わずかにUEDA Nature soundsのアナウンスが聞こえます
MoriOkameKorogi モリオカメコオロギ Loxoblemmus sylvestris

真っ平らな顔が特徴のオカメコオロギ
その中で、雑木林やその周辺の草むらに生息するのがモリオカメコオロギ。

本州、四国、九州に分布

大きさは1.5センチほど。
8月〜10月。


夜の気温が25℃前後ではアップテンポで、声は力強い。




秋になり夜の気温が20℃を下回ると、鳴き声のテンポが遅くなる。


秋も深まり夜の気温が15℃以下になると、鳴き声に張りがなくなり、そろそろ寿命
(じゅみょう)を終える。
メスの顔は丸みがある。

ほかに、乾燥した草地にはハラオカメコオロギ、田んぼ周辺にはタンボオカメコオロギがいる。


鳴き声の聞ける上田ネイチャーサウンドUNS 商用・WEBサイト・展示研究・報道などに、音声や写真の使用を希望される場合はをご覧ください。
  

  

音声や画像は著作権法で保護されたUNSの著作物です Copyright UEDA NATURE SOUND All Rights Reserved